最新の記事一覧 | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会
藤島住宅へようこそ

ブログ

  • 「餅は餅屋」

    2016-10-11

    こんにちは、藤島住宅の大目(おおめ)です。

    私は、不動産営業のプロとして、皆様のお住い探しのお手伝いをしています。

     

    「餅は餅屋」と言いますが、餅は自分で搗くより餅屋に頼んだ方が美味しいということ。

    その道のプロに頼むのが安心だという事です。

     

     

    私は長野の山間の町で育ちましたので、子供のころからスキーをやりジュニアのクラブにも入っていました。

    大学時代の冬期休暇には、地元スキー場でスキースクールでアルバイトをしていました。

    朝一から滑り、午前午後と子供たちや初心者・初級クラスを教えて、夕方とナイターでクラブの指導員の方から講習を受けながら滑り込んでいました。

     

    実家の和菓子店にて父親と仕事をしていた時などは、休みの日は一日中、平日の仕事が終わってからもナイターで滑りに行っていました。

     

    いよいよ、私も指導員に挑戦できるくらいまでなったところで、埼玉に出て来て結局こちらに定住することになってしまったので、スキーの技術はそこでほぼストップしていました。

     

     

    地元のスキー仲間の中では技術的にまだまだでしたが、埼玉に出て来て一般スキーヤーとしては上級者として、埼玉のスキーサークルに入って楽しんでいました。

     

    その後、土日が仕事となりサークルに参加も出来ず、スキーそのものに行く機会が無くなり、年に1~2回行ければ良いくらいでした。

     

     

    その間に、スキーの技術が一変したのです!

     

     

    今でこそ常識となっている「カービングスキー」ですが、私が必至で練習していた20年ほど前は全く違うもので、簡単に言うと今のスキー板よりも長く幅の細い板だったのです。

     

    これにより、スキーの技術理論も大きく変わりました。

     

    中・上級者クラスであれば、いきなりカービングスキーで滑っても、それなりに上手く滑れます。

    しかし、上級者であればあるほど同時に違和感を感じるのです。

     

    今までと同じ感覚で体を動かし力を加えると、スキー板の反応が今までと違う動きになってしまいます。しかも、それをコントロールできない。

    自分の体がついて行けない感じです。

     

    まさに、板によって滑らされているのです。

     

    スキーの技術雑誌やYouTubeで技術解説動画を見たりしながら、感覚をイメージしていました。

     

    とは言っても、年間1~2回の滑走日数で、一人で悩んでいてもモヤモヤは続いたままでした。

     

    昨年、久しぶりに埼玉のスキーサークルの仲間と一緒にスキーへ行く機会があり、彼はずーっと毎年講習を受けているので、現在のカービングスキーの理論は分かっています。

     

    そして、自分なりに試行錯誤している内に変な癖がついていることや、技術的感覚の部分を一言二言のアドバイスをもらい、それまでとは全く違う滑りとなりました。

     

    パッと見は分からないかもしれないが、自分の中の感覚は目の前がすっきり開けたようでした!

     

    やはり、しっかりとした知識・技術を持った方から、客観的なアドバイスは響きますね。

     

     

    休日に、営業部の仲間とテニスをしていますが、素人の集まりです。

    みんなで、YouTubeで見て覚えたことを言い合いながら練習していますが、なかなか上達しません・・・

     

    隣のコートでは、一人コーチが付きながらの練習をしています。

    われわれよりも年配の方たちですが、上手くボールをコントロールしてラリーを続けています。

     

     

    やはり、素人だけであれこれ悩んでいても解決はしないのですね。

    多少は理解し上達はするのですが、その先が続きません。

     

     

     

    さて、みなさんがお住い探しをしていると、少なからず疑問や悩みが生まれてくるかと思います。

    そんな時は、プロの営業マンに頼ることをお勧めします。

     

    お住い購入は、ほとんどの方が初めての経験であり、不動産に関わる法律の部分も、一般の方が日常の生活で触れることはまずありません。

     

    そこは、プロの不動産営業に聞いてみるしかないのです。

     

    しかし、その営業マンが「プロ」なのかが難しいところです。

     

    皆さんから不安を持ちながらご相談されたときに、本当に皆さんのお役に立ちたいとの思いから、的確にアドバイスが出来る不動産営業になるためにも、もっと自分自身を向上させないとだめですね。

     

     

     

     

     


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2016-10-11

  • 営業の心得とは

    2016-10-08

    【ナテュールヴィーレ浦和(第11期大谷口)】完成イメージ。

    スーパーマンじゃない♪

    ヒーローでもない♪

    疲れ辿り着いたマイホーム♪

    窓の明かりまるでダイヤモンド♪

     

    浜田省吾は歌っておりましたが、

     

    今の私の目が行く先はこちらになります。↓

    なぜなら私現在、自家用車の購入を検討中です。

     

    誰か教えてください。

    車選びのポイントって何ですか?

    年式ですか?

    走行距離ですか?

     

    新車がいいの?

    中古車がいいの?

     

    安心パックって必要?

    軽自動車と小型車とどっちを選ぶべきでしょうか。

    見た目で選んではいけないでしょうか。

     

    悩む私は誰となく尋ねます。

     

    私は感じています。

     

    各社営業マンよりも、

    馴染みの同僚のアドバイスが心に響きます。

    「車は消耗品だから、新車が安心ですよ」

    「最後はフィーリングで気に入った車にすべきですよ。お気に入りの車なら、どこへ出かけるにも楽しいですよ」

    その言葉には彼の経験という説得力がありました。

    しかし何よりも私の彼に対する信頼が、

    各社営業マンには決定的に足りないものでした。

    同僚の彼と各社営業マンとを比べることは、

    ナンセンスかも知れません。

    でも私もお客様に対し、少しでも今回の私にとっての

    根市君のような存在になれるように、

    努力して参ります。

     

    藤島住宅 営業  岩原 賢太郎

     


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2016-10-08

  • “住まい探し”で大事にしてほしいこと

    2016-10-04

    こんばんは。藤島住宅の船渡川(ふなとがわ)です。

    今日は、私がブログをUPします。(*´▽`*)

     

    みなさん、゛住まい探し”でどのようなポイントを重視していますか?

     

    みなさんそれぞれにお持ちの価値観や、今の生活リズムなどが基となって、いろんな「判断基準」があると思います。

    我が家でも、当然ありましたので・・・。

     

    ご主人や奥様それぞれでも、多少の基準の違いは出てくるはずです。

    一緒に生活していても、目に付くポイントはそれぞれですから、それが当然だと思います。

     

    その中で、「自分たちにとっての良い住まい」の「判断基準」を見つけて、いろんな物件をご見学・ご検討されているかと思います。

     

    ゛住まい探し”は、当たり前ですが「自分たちが生活する住まい」を探すわけです。

    ですから、他の人の評価ではなく、「自分たちなりの評価」が最も重要なんですよね。

     

    100点満点の物件は、正直ほとんどないに等しいです。

    でも、「自分たちにとっての」合格点の物件は、あるはずですよね。

     

    藤島住宅の物件は、決してデザインがすごく優れている、というわけではありません。

    藤島住宅の物件は、決して物件の数がすごく多い、というわけではありません。

    藤島住宅の物件は、決して相場的にすごく安い、というわけではありません。

     

    それでも、建物が完成する前に・・・いや、更地の状態ですら、多数のお申込みをいただいております。

    『ナテュールヴィーレ浦和(第11期大谷口)』は、全37区画のうち19区画がお申込みとなりました。

    ですが、完成している物件は1区画もありません

     

    ということは、それだけの「魅力のある物件」「魅力のある会社」であると、「今、お住まいを探されている方々に評価」されていると言えると思います。

     

    そんな「魅力」がどんなものなのか、またどんな物件なのか、をまずは見てみませんか?

    買う、買わないは、それからの話です。

     

    これだけ「売れている物件」を見学しない、という判断はもったいないと思いますよ?

     

    ぜひこの機会に、『ナテュールヴィーレ浦和(第11期大谷口)』やその他の゛藤島住宅の住まい”をご検討いただきたい、と思っております。

     

    藤島住宅 船渡川 恭央 ←自己紹介は、名前をクリックでご覧になれます。

    Mail:funatogawa@fujishima.co.jp


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2016-10-04