分譲住宅と注文住宅の違いって何? | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会
藤島住宅へようこそ

お役立ち情報


<<一覧に戻る

分譲住宅と注文住宅の違いって何?

一戸建てには大きく分けて「分譲住宅」と「注文住宅」があります。

既に建っている建物と土地を同時に購入する分譲住宅と、土地を購入した後に住宅メーカーに建物を発注する注文住宅。ここではそれぞれのメリットやデメリットの違いをまとめてみました。

 

■新築一戸建てに住む場合の購入パターン

新築一戸建てに住む場合の購入パターンは、主に2通りに分けられます。

 

1.土地を探して購入し、そこに自身で選んだハウスメーカーに注文して住宅を建てる。

2.建売住宅(分譲住宅)を探し、土地と建物を同時に購入する。

 

また、両者の中間となる「建築条件付きの土地を購入し、指定されたハウスメーカーに注文して住宅を建てる」という場合もあります。

 

■分譲住宅のメリット・デメリット

・分譲住宅のメリット

分譲住宅のメリットといえば、手間がかからないことと、購入から入居までがスピーディであることです。

前の住居の契約や、転勤、子どもの転校時期など引っ越す時期が決まっている場合、入居時期が明確にわかるというのは大きなメリットでしょう。

 

しかも図面や模型などで選ぶ場合と違い、実物を見て決められるのでイメージ違いなどのトラブルも避けられます。実際に購入する物件をしっかり見て選べるのも大きなメリットです。

 

複数の建売住宅が一度に分譲される場合は、建築資材や設備などがまとめて発注できることから、費用面でも抑えられる場合が多いです。

その結果、注文住宅よりコストが低く抑えられることが多いのもメリットでしょう。

 

・分譲住宅のデメリット

デメリットは、間取りや設備、外装などが一般的なものになることです。。

キッチンは広く取りたい、和室は欲しいなど、間取りに対して要望があったり、個性的な家に住みたい人にとってはデメリットといえます。

 

■注文住宅のメリット・デメリット

・注文住宅のメリット

注文住宅のメリットは、自分の好みにあった住宅が建てられるということにあります。

兄弟が多いので部屋数がたくさん欲しい、二世帯住宅がいい、ペットも住みやすい設備が欲しいなど、マイホームに対して独自の希望、要望がある方にはカスタマイズができるというのは、大きなメリットになります。

 

さらに、住宅が出来上がっていく過程を自ら確認が出来るため、スタッフとコミュニケーションを取り、建てた後のアドバイスを聞くことや、作業状況を確認し、要望を反映させることもできます。

 

・注文住宅のデメリット

デメリットといえば土地と住宅メーカー、両方を探すことになるので検討から購入、入居まで長くかかること、間取りや設備など、決めることが山ほどあるので、時間と手間がかかってしまうことが挙げられます。

 

また、自由度が高い分、あれこれと要望を増やすと、コストが予算を上回ってしまう可能性もあります。

家を建てる手間を楽しめる方にはおすすめですが、面倒に思ってしまう人にはここがデメリットになるかもしれません。

 

■まとめ

このように分譲住宅と注文住宅には、それぞれメリットとデメリットがあります。

予算やライフプラン、マイホームに求めるものなどは人それぞれですので、一概にどちらがおすすめとは言い切れません。ご自身のライフプランに合わせて選んでいきたいですね。