JAM | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会
藤島住宅へようこそ

ブログ

  • JAM

    2018-06-05

    仕事帰り、いつものように私はスマートフォンをポケットから取り出し、妻に『LINE』で帰宅を予告する。

    返信がある時と無い時がある。

    返信がある時は、【現在の息子の様子】が文章や写真で送られてきたり、【買物】を頼まれたりとか、他愛もないものが多かった。

     

    その日は返信があった。

     

    ≪ぼくね、お父さんに会いたいんだよ。と、息子が言っています。≫と

     

    その日は『金曜日』だった。

    『休み明け』である。

    息子にとって、前日に私と過ごしたことが楽しかったのであろうか。

    息子が幼稚園に通い始めて以来、『平日が休日』である私と『平日は14:00まで幼稚園である』息子が過ごす時間は以前に比べて大分減ってしまった。

    「午前中はゆっくり過ごせるし、ま、いいか」などと悠長に構えていた私であったが、実のところ寂しい想いが募っていた。

    休日は専ら、遅い午後の時間に近所の公園へ息子と遊びに行くようになった。

    それだけでは何か私が物足りず、特別に用がなくても、わざわざ『イオン』へ買い物に行ったりした。

    あの日は『HMV』でかねてから息子が観たがっていた【モンスターズ・インク】のDVDを買ってあげた。

    その日息子が『良い子だった』事例を無理やり買ってあげる理由としてこじつけて。

     

    そして、金曜日の夜。

     

    ≪ぼくね、お父さんに会いたいんだよ≫

     

    この言葉を胸に、私ははやる気持ちを抑えつつ、家路に車を走らせた。

    息子と一緒に【モンスターズ・インク】を観ることを楽しみにしていた。

     

    「ただいま~!」

    普段は抑揚のない挨拶で帰宅する私であったが、その日は幾分声高になってリビングの戸を開け、息子の姿を探した。

     

    息子は私に見向きもせず、テレビのモニターにくぎ付けとなっていた。

    【モンスターズ・インク】を観ていた・・。

     

    「ただいま~!」

    もう一度、少し強めに『お父さん』の帰宅をアピール。

    息子は私に見向きもせず、テレビのモニターにくぎ付けとなっていた。

     

    (そ、そんなはずはない!それじゃ話が違う!)と、

    私は息子の顔の傍まで自分の顔を近づけて、もう一度言った。

    「ただいま~!」

     

    息子はチラリと、私の顔を一瞥。

    それだけだった・・。

    そしてまたすぐに、【モンスターズ・インク】に向き直ったのであった・・。

     

    (ふ、そうか。まあ、いいさ)

    (ひな鳥はいつか巣立っていくものさ)

     

    今はまだ、冗談交じりにこのような出来事も楽しく思う私だが、

    やはり、いつか子供は親元を離れていく。

    それが自然で、とても幸せなことだと十分に意識して、今この時期を大切に過ごしていきたいと思う今日この頃です。

     

    以上。

    藤島住宅 岩原 賢太郎


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2018-06-05