最新の記事一覧 | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会
藤島住宅へようこそ

ブログ

  • 中古住宅購入時、リフォーム費用 50万円補助

    2016-09-21

    こんにちは、藤島住宅の大目(おおめ)です。

    新聞等で、既にご存知かもしれませんが、

    中古住宅を購入した時に行うリフォーム工事の費用について、

    1件当たり最大65万円の補助が受けられることが、先月閣議決定されました。

     

    ◎補助限度額

     省エネ改修などリフォームの内容に応じて最大50万円/件

     耐震改修も実施すれば上乗せで最大65万円/件

     

    ◎主な要件

    ・40歳未満の者が自分が住むために取得する中古住宅であること。
    ・建物状況調査(インスペクション)を実施すること。
    ・既存住宅売買瑕疵保険に加入すること。

 

となっています。

購入するだけ、リフォームするだけでは対象になりません。

新規で中古住宅購入時に、同時にリフォームも行う際の補助金となります。

秋の臨時国会に提出ですので、まだ詳細が不明な点がありますが、成立すれば年内からの制度開始になる見込みです。

 

 

たまに、ニュースなどでも取り上げられますが、少子高齢化・人口減少に伴う、既存住宅の空き家問題などの対策となります。

また、日本では、住宅全体の流通量に対し中古住宅の割合は、約15%(国交省公式サイトによる)ほどです。これは、欧米諸国と比較すると1/6程度にとどまっているため、日本の住宅市場の新築志向から少しでも中古市場への移行を目指しています。

 

私は、ほとんど海外旅行の経験はありませんが、欧米の方が昔の街並みが残っていますよね。

日本でも、観光地などで一部残してはいますが、基本的に古くなったら壊して新しく建て直す「スクラップ&ビルド」で街づくりが進められてきたように思います。

 

現在、一般的な木造住宅では、築25年で減価償却がゼロと評価されています。

もちろん、実際に査定をする場合は、修繕履歴や丁寧にお住いになられていることなどを考慮してプラス評価をしますが・・・

 

築25年の木造住宅ですと、耐震性も今ほどは重要視されていませんでしたから、しっかり耐震からリフォームしようとすると、その内容にも依りますが1000万円前後の予算になってしまうと思います。

 

だったら、新しく・・・って考えてしまいます。

 

その点で、補助金の65万円では、少ないと思ってしまいますが、まずは、将来を見据えてのスタートという意味で評価したいとは思います。

 

 

私が、14年前に藤島住宅へ入った時には、既に「住宅性能評価書」を取得しており、構造での耐震性には安心を持てていますし、「劣化対策」についても一般的な維持管理を行えば75年~90年は、構造躯体部分も維持できる内容で建築しています。

また、比較的地盤が強くない場所では、しっかり杭を打つなど地盤改良も行っています。

 

この様な住宅が揃って来れば、築25年で評価がゼロとはならなくなるでしょうね。

構造がしっかりしていれば、大きめのリフォームをしたとしても、建替えるよりかは費用は抑えられますからね。

 

藤島住宅は、創業56年目です。

20年30年と経った時に、まだ施工会社がしっかりと経営されている安心感って、その時になってみると、きっとすごい安心感なのではと思ってしまいます。

 

 

弊社としては、新築分譲会社なので、新築市場が小さくなることは決して喜ばしいことではないのですが・・・

 

また、中古住宅の売買やリフォーム市場は、GDP(国内総生産)成長率には含まれないが、それでも、空き家問題などの解決に取り組むとの記事もありました。

 

 

話が脱線してしまいますが・・・

「コンパクトシティの推進」も打ち出されていますが、地元の友人と話す機会があり、この「コンパクトシティ化」のあおりで、過疎化が進んでいる私の田舎では、厳しい現状があるようです。

なんか、結果的に空き家が増えてしまうのでは・・・、壊してしまえば、そもそも空家の数に入らないのか・・・

と、不安を感じながらも、具体的に何もできない自分にも歯がゆさを感じているところです。

 

 

まっ、とにかく補助金は嬉しいことだ!

ということで、中古物件でもご検討の方は、皆様の価値観ご希望に合った物件情報をお届けします。

お気軽にお問い合わせください。

 

弊社では、グループ会社にリフォーム事業部もありますから、トータルでお手伝いいたしますよ!!

これも、大きな安心の一つですね。

 

 

 


テーマ名 税金関係

ページ作成日 2016-09-21

  • マイホーム

    2016-09-18

    普段、仕事を終えて家に帰ると、たいていの場合、息子はすでに寝ております。

    昨夜も帰宅していつものようにまず風呂に入った後、

    【夕飯兼、晩酌】のため、ダイニングセットに腰かけ、

    その一杯に幸せを感じておりました。

    ふと、リビングの端を見ると息子の所有物である【恐竜フィギュア】が

    妙な場所に置いてあることに気が付きました。

     

     

    息子は来月2歳になる年齢です。仕事を終えて家に帰ると、たいていは寝ています。

    少し寂しい気も致しますが、寝顔を見るのもなかなか良いものです。

    帰宅時に起きていた時には、大変嬉しいものですが、入浴後の食事が落ち着かず、

    『この時間くらいはゆっくりしたいのになあ』などと、

    身勝手な自分の内面に自己嫌悪に陥る日もしばしばです。

     

    ところがこの日、いつもと大して変わりのないように見えていた風景が、

    その恐竜フィギュアの置かれっぷりによって一変したように感じました。

     

     

    先刻までの息子の様子がありありと浮かぶようで、

    それは息子の寝顔を見るよりも、

    帰宅時、私に向かって抱き着くように走り寄ってくる息子の姿よりも、

    いっそう私の内面に、息子の存在が深く刻み込まれたような気がいたします。

     

    マイホームで起こるそんな些細な全ての出来事が、

    ひとつひとつ刻み込まれていく度に、

    私にとってこの家が『かけがえのないもの』として、家族同様、存在感を増してゆく。

     

    私は分譲住宅の営業です。

     

    「お客様、大丈夫です。」

    あなたが『家族のために』『自分で選んだ住宅』を、

    後になって後悔するなんてことありません。

    世界にひとつしかない『かけがえのないもの』

    それがマイホーム。

     

    藤島住宅 岩原 賢太郎

     


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2016-09-18

  • “ご縁”

    2016-09-16

    こんばんは。藤島住宅の船渡川(ふなとがわ)です。

    今日は、私がブログをUPします(≧▽≦)

     

    さて、みなさん・・・『ご縁』って、どう思いますか?

     

    唐突に何を言い出すのか・・・と思わないでくださいね・・・(^^;

    今回は、私自身が感じた『ご縁』についてお話をしようと思います。

     

    今月末に、ある物件のお引渡しが控えております。

    この物件は、私が担当させていただいた「売却依頼」です。

     

    元々は、藤島住宅と以前から「ご縁」のあった業者さんのご親戚からのご連絡でした。

    所有している不動産を売却したい、とのことでお話をいただき、巡り巡って私が担当させていただくことになりました。

     

    上司と共にお伺いし、売主さんとお話を重ねていくと、ある事実が判明しました。

    ご親戚の息子さんが、以前に私が担当して藤島住宅の新築物件をご購入されていたのです!

     

    その息子さんとの取引は、非常に思い出深いやり取りを長くさせていただいていたので、鮮明に記憶していました。

    ただ、このお話をいただく5年以上前のお話で、今回の売主さんも当初は全くご存じなかったのです。

    ご親戚間で、今回の藤島住宅で売却を依頼した、と話をしていたら実は・・・という誰も想像のしなかったところで、藤島住宅と私双方とつながった、というケースでした。

     

    これにはビックリしました。

    まさか、ここであのお客さんと今回の売主さんがつながるとは・・・ビックリした、以外の言葉が見つかりませんでした。

     

    実を言いますと、藤島住宅にお問い合わせいただく方のご実家が実は藤島住宅の家だった・・・というのは、よく聞く話だったりします。

     

    先日お話させていただいたお客様も、実は奥様の実家が藤島住宅の家だった・・・ということがありました。

    または、ご契約されたお客様がご友人と話をしていたら、実はその友人の方が藤島住宅の家に住んでいた・・・なども、よく聞く話ですね。

     

    地元密着で長く活動していますから、そこまで不思議じゃないでしょ・・・と思われるかもしれません。

     

    ここで加えておきたいことが、藤島住宅の家にすでに住んでいる方の藤島住宅に対する評価が悪くない、ということですね。

     

    これって、スゴクありがたいことですよね!

     

    実際に住んで、何年も生活してみて、不都合がなかったわけです。

    もちろん、お子さんの成長など家族構成の変化と共に、住まい方が変わってくることによる長短は、あったかと思います。

    その中で、嫌な経験のコトってだいたい覚えていると思いますし、すぐに話が出てくると思います。

    ましてや、ご自分のお子さんが検討している物件のことでしたら、それこそ飾ることなくお話されるでしょう。

    私の家族だったら、間違いなくそういった話になると思います。

     

    話が脱線してしまいました・・・^_^;

     

    この仕事をしていますと、いろいろな『ご縁』と巡り合います。

     

    それは、お客様と物件だったり、お客様と営業マンだったり、営業マンと物件だったり・・・そして、今回のようなご親戚関係での出会いだったり・・・。

    あげればキリがありませんね。

     

    もし、今お住まいを探している方でこのブログを見ていたら、それもまた『ご縁』ですね!

     

    こんな感じの『ご縁』の始まりもいいかな~、と思ってブログにしてみました!(笑)

    長い記事でしたが、最後までご覧いただいて、ありがとうございました。(*´▽`*)

     

    藤島住宅 船渡川 恭央(ふなとがわ やすお)

    Mail:funatogawa@fujishima.co.jp

     


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2016-09-16