最新の記事一覧 | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会

ブログ

  • Jリーグ再開!

    2020-07-10

    本日は根市が担当です。

     

    コロナウイルスの影響で娯楽が制限される中、7月4日からJ1リーグが再開しました。嬉しい限りです。

     

    我らが浦和レッズは、4日は2019年王者の横浜F・マリノスと対戦し、両者決定機があったもののシュートが枠に飛ばず、スコアレスドローの結果に。

    試合勘の難しい中、再開後のスタートしてとても見ごたえのある試合だったと思います。

     

    また、この試合はリモートマッチとして全試合無観客で行われました。試合を盛り上げようと工夫されているチームが多い中、浦和レッズはスタッフ・パートナー企業・サポーター・地元有志の方々が6日前からタオルやフラッグの飾り付けを行い、見事に赤く染まったスタジアムは「さすがは浦和レッズ」と感動しました。

    皆様本当に感動しました。ありがとうございました。

     

    8日はアウェーでベガルタ仙台と対戦し、こちらは1-2の勝利!興梠選手の浦和レッズ在籍100得点の記念すべき勝ち越し点で大いに盛り上がりました。

     

    次回は12日ホームで鹿島アントラーズを迎え討ちます。

    タイトなスケジュールの中、選手は大変だと思いますが、ACLも経験しているので浦和レッズには経験の差で乗り切ってほしいと思います。

     

    がんばれ浦和レッズ!

     

    ★★ブログをはじめました★★

    「役立つ」情報満載

    根市ブログ・・・https://www.neichi21.com/

    根市Twitter・・・https://twitter.com/fj_neichi


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2020-07-10

  • 【藤島住宅】創業60周年キャンペーン実施中!

    2020-06-27

    こんにちは。

     

    本日は髙木が担当させて頂きます。

     

    コロナウィルス抑制の為の自粛期間が終了し、
    会社や飲食店、学校など通常の動きに戻ろうという流れにあります。

     

    ただし、感染者数については各自治体毎に日々公表されており、
    第2波の来襲を警戒しながらの毎日です。

     

    そして、私はと言いますと、
    これまで散々TVからの情報、
    政府からの情報などを見聞きした上で、
    結局「コロナウィルス」というウィルスが、
    どのようなものであるか、
    未だにさっぱり分かっていない状況なのです。

     

    どこから発生したもので、
    何が媒介したものなのか、
    どのような人がかかりやすくて、
    どのような種類があるのか。

     

    これらの点は現在多くの国で研究・調査されていますが、
    未だに確定情報は何一つとして、
    我々の元へは下りてきていない状況かと思います。

     

    人々はそのような事は知る必要がなく、
    ただ治療薬・ワクチンが完成すれば、
    通常の生活に戻れるのか。

     

    多くの国が方向性を一つにして、
    原因解明すべく研究・調査して欲しいと願っております。

     

    通常の動きに戻ろうという流れの中、
    コロナショックの影響によってもたらされた、
    「新しい生活様式」と「新しい価値基準」。

     

    今後の人生に少しでもプラスに、
    そして明るく過ごす為の糧としたいと、
    考える毎日であります。

     

    「人生朝露の如し」

     

    手に入れたいと願っても、
    本当に手に入れられるものは、
    そう多くはないのではないでしょうか。

     

    人生に望む事を自己実現させるためには、
    数少ない機会を逃さず、
    事を起こすが肝要。

     

    「ご家族で過ごすマイホーム」
    いつでもその手に入ります!

     

    藤島住宅・創業60周年キャンペーン、
    ご活用ください!


    テーマ名 お知らせ

    ページ作成日 2020-06-27

  • 理想と現実、住宅に求める性能。

    2020-06-12

    こんにちは、藤島住宅の大目(おおめ)です。

     

    みなさんもYouTubeでいろいろな動画をご覧になっているかとは思いますが、最近、私は、建築家が戸建住宅の性能や機能について解説している動画を見ています。

     

    建築士として、また、建築会社代表として日本の個人向け戸建て住宅について、自身の考えを話していたりしています。

     

    かなり建物の性能を追求しているので建築費用もかなり高めのようです。専門家の間でも高性能住宅として認められている一条工務店より坪単価が高いと言っていました。

    トップレベルの高性能住宅ですので、『高気密・高断熱』であることは当たり前のようです。

     

    しかも、単に「高気密」とはいってもその気密性を表す数値(C値)を0.3㎠/㎡以下を基準としていると言っていました。

     

    一条工務店でもホームページでは、0.59㎠/㎡としていますので、かなり高い基準の気密性となります。

     

    断熱性能を表すUA値(外皮平均熱貫流率)も高水準にするなど、ひとことで「高気密・高断熱」と言ってもその性能は、建築会社によって内容は様々のようです。

     

    ここでは、上記の数値の詳細な説明は省きますが、藤島住宅の建物は、所謂「高気密・高断熱」住宅ではありません。

     

    もし、私が注文住宅を建てるとして、予算に余裕があれば高気密・高断熱にすると思います。

     

    なんか、この話の流れだと、藤島住宅の建物は性能が良くないの?!って印象を与えかねませんが、決してその様なことはありません。

     

    私は、建築士の資格を持っているわけではないので、建築について専門的な知識はありませんが、藤島住宅に入ってから設計担当者から自社物件についてのレクチャーを受け、また、他社さんの現場を見て藤島住宅と違うところがあると、一つ一つ聞いてきました。

     

    工事中の現場では、大工さんをはじめとして各職人さんに「これって、どうなの?」のように聞くことで、少しずつ私の中で知識として積み重ねてきました。

     

    そして、何よりも藤島住宅の家にお住まいの方から、

    「快適ですよ!」

    「本当に、建物がしっかりしている。」

    「友達が来た時に、『いいね!』って言っていたよ。」

    などの言葉をいただいて、藤島住宅の営業として自信も持つことができました。

     

     

    戸建て住宅という大きな枠組みの中では、藤島住宅の家づくりがトップクラスとは言えませんが、建売分譲会社として価格と性能とのバランスは、高いレベルにあるのではと自負しています。

     

    最初にも書きましたが、個人的には「高気密・高断熱」を標準仕様にしたいのですが、当然その分コストがかかるので販売価格も上がります。

     

    しかし、現実として、人口減少、平均所得の減少となっている中で、「高くても良いものなら売れるんだ!」とは安易に舵を切れない部分も理解できます。

     

    しかし、「安心してお住まいいただける家づくり」を目指す中での、建売分譲としては自信をもってお勧めできる家だと思います。

     

    ローコスト住宅が用意している標準仕様よりは、グレードの高いものを使っていたりします。

    もちろん、すべてとは言いませんが。

     

    地球温暖化対策としてのパリ協定を踏まえて、日本でも住宅への性能の基準が変わるようですが、断熱性能への指標のみで、気密性能の項目は入らなかったそうです。

     

    これには、業界の闇の部分!!が関係しているなんてウワサもあるようですが、私にはそこまではわかりません。

     

    ただし、断熱と気密は車の両輪です。どちらかだけ良くしても意味ありません。

     

    藤島住宅の家は、「高気密・高断熱」住宅とは言えませんが、以前に比べればかなり良くなっています。

    断熱材の変更や窓以外の外周には合板を張り、断熱性能の高い窓ガラス、サッシの枠も樹脂製にするなど、私が藤島住宅に入ってからも随分進化しました。

     

    今はネットでいろんな情報を得ることが出来るので普段の買い物にしても大いに役に立つのも事実ですが、どうしても一方向からの情報となりやすいので、その情報だけで物事を判断するとバランスを欠いてしまう危険性もあります。

     

    私は知識の積み重ねとして、冒頭に書いたYouTubeの動画やネットを利用していますが、ほとんど知識のない一般の方がこれを見たときに、「やっぱ、気密性能は0.5は欲しいよね!」なんて、お住まい探しにおいて単純な判断基準をつくってしまわないかとも、ちょっと心配してしまったので、本日のブログとしました。

     

    ここは、建築士ではなく”営業”の立場だからこその不安かもしれませんね。

     

    もし、藤島住宅の家に疑問や不安をお持ちでしたら、遠慮なく率直にご質問ください。

    私なりに知りうる限りの客観的事実、そこからの私の主観的感想なども合わせてアドバイスさせていただきます。

     


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2020-06-12







メニュー