最新の記事一覧 | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会
藤島住宅へようこそ

ブログ

  • 大人気は持続中!グランドファミリア大宮

    2019-02-10

    こんにちは、藤島住宅の大目(おおめ)です。

    大好評販売中の【グランドファミリア大宮】

    現地は基礎工事が始まっており、間もなく建物の工事に入ります。

    まだほとんどの区画が更地なので寂しい感じもしますが、建物の工事が始まると現地の雰囲気も活気が出てくるかと思います。

    そして、何棟か上棟し建物が建ち始めると、街並みイメージもしやすくなります。


    現在、15棟がご契約となり、みなさんん最初の設計担当との打ち合わせを進めているところです。
    お住いへの色々なご希望や夢がある中で、多少なりともカラーセレクトやオプションの追加のご相談の打ち合わせを行っています。

    すべてご希望通りとはいきませんが、他社さんに比べれは変更可能箇所は多い方だと喜んでいただいております。

     

    経験上ですが、建物工事が始まるとお問い合わせも多くなります。
    建売物件は、建物が完成してから販売と思っている方も意外と多く。
    建物工事が始まると、「そろそろかな?」と思いお問い合わせや現地に立ち寄られる方がいらっしゃいます。
    それで、「半分以上決まってしまいました」とお伝えすると、びっくりされることが何度かありました。


    今回も、お問い合わせが更に増えることを期待していますが、たった今、このブログを書いているところで、21号棟がお申込みとなりました。

    これで、あと9棟の販売となりました!!

    まだ間に合いますよ!

     

    また、みなさんにはモデルハウスとして、【ナテュールヴィーレ鳩ヶ谷】の完成済み物件をご案内しています。

    まったく同じではありませんが、藤島住宅の建物の質感のイメージを体感していただいています。

    とは言っても、堀の内町の物件は、今までの弊社の標準仕様より設備内容を充実させ、グレードをアップしていますので、建物について、がっかりさせない自信はあります!


    この鳩ヶ谷の物件についても、あと3棟の販売ですが、先週に照明器具を設置し、来週中には、3棟全てモデルハウス仕様として、高級家具やカーテンの設置を行います。

    もちろん、これらをプレゼントでの販売です!!

     

    お問い合わせは、下記物件詳細ページよりお問合せください。


    【グランドファミリア大宮】

    【ナテュールヴィーレ鳩ヶ谷】

     

     


    テーマ名 物件情報

    ページ作成日 2019-02-10

  • 過ぎていった時は錬金術を使う

    2019-02-01

    澄み渡る青空の下で、私はなんとも清々しい気分になっていました。

    東京都豊島区のとあるお寺、

    父方のお墓参りにやってきました。

     

    毎年、お盆や正月休みを少し外した日程で、

    家族を引き連れて、なんとなくあたふたとお墓参りをしておりましたが、

    昨年から息子が幼稚園に入って、いよいよ無理が生じていると感じ、

    このたび、ひとりでお墓参りに行くことにしたのでありました。

     

    お寺の入り口付近、手桶と柄杓がおいてある辺りに備えてあった柄のついたスポンジを持ち出し、かねて用意の雑巾とたわしを使って、墓石を一通り洗い流す。

    雑草も抜いているうちに、本格的な清掃モードになりかけましたが、手桶の水だけでは限界があるとすぐに気づき、出来る範囲で済ませることに落ち着きました。

     

    そして、

    何十本も束ねられた太巻きの線香に火をつける。

    じっくりと、一本一本、きちんと火がつくように。

     

    その煙が、今日の澄み渡る青空に舞い上がってゆく。

    辺りにその香りがたちこめる。

    冬の最中。

    冷たい水の感触が残る中、青い空にその煙が舞い上がる風景と線香の香り。

    浄化という文字が頭に浮かぶ。

    私にまつわるあらゆるものが、その瞬間だけ浄化されたような清々しい気分になった。

    墓前で手を合わせる時間がこれまでになく長く、意味のある時間のように感じられた。

    それは私にとって貴重な「気づき」の時間であったように思えた・・。

     

     

    私がこうして墓参りをするようになったきっかけを思い出していました。

    もう15年以上も前の話になりますが、私が当時勤めていた不動産会社の向かいに焼き鳥屋さんがあって、学生街といえる駅前商店街の一画にあったそのお店は、『6人入ったらあとは立呑み』という風情が気に入っていて、私はよく一人でそこで酒を呑んでおりました。

    一人と言っても、常連さんはほとんど知り合いなので、行けば必ず話し相手がいるような状況で、誰かを誘う際の気づかいが無用な点が、私のような身勝手な人間に合った呑み方だったように思います。

    その常連さんの一人。私よりはるかに年配でしたが、年齢不詳、背が高く、顔はいかつい、いつも茶色いレンズの眼鏡をかけている強面の男性がいらっしゃいました。

    その方は、3回に1回くらいの割合で、若い女性を引き連れて店にやってくるのでした。

     

    「ケンちゃんよぉ、女は容姿じゃねえぞ、見る目養っとけよぉ?」

     

    いわゆる綺麗なお姉ちゃんを連れていながら、そのようなセリフは何という事か。

     

    「まあ、そうは言っても若いうちはなかなか難しいか。けどなあ、〇〇〇〇だけはやめとけよ、それだけは性根の部分だからよぉ、なかなか直らねえんだよ。苦労するからさぁ!」

     

    実に含蓄のある言葉を筋もの顔で言われるとすごく説得力がありました。

    〇〇〇〇の部分は言葉が汚過ぎてここでは書けなくて残念です。

     

    当時、私が勤めていた不動産会社が管理する古いマンションに、何年も家賃を滞納しながら居住し続ける強者がおりました。社長が手を焼いておりましたが、あの方が説得に赴き、一発で円満退出させるという離れ業をなしたことも、あの方を語るうえで外せないエピソードとなりました。

     

    ああ、実にあの頃が懐かしい。

     

    その焼き鳥屋は毎年末12月31日まで営業しておりましたから、田舎に帰る金のない学生や私のように予定のない独身男にはありがたかった。

    しかし年始はやはり、それなりに1週間近く休業となり、寂しさを募らせた私などは、年明け早々、お店に駆け込んだものでした。

    その年、家族構成不詳のあの方も年始早々お店に顔を出されました。

    「よお、けんちゃん!初詣はちゃんと行ったかい?」

    そう聞かれて私は素直に答えました。

    「彼女がいたら、行きたいところですけどね」

    するとあの方は仰いました。

    「ちゃんとお参りした方がいいぞ。せめて年の初め、一年に一回くらいはよぉ」

    「そういうもんですか?」

    「そりゃ、そうだよ。それからなあ、お墓参りだけはちゃんと行けよ。」

    「ご先祖様を大切にしなきゃ、それだけはちゃんとしろよ!」

     

    あれから私は年に1度か2度、お墓参りに出向くようになりました。

    あの方に言われて義務感のようなものが芽生えたからです。

    しかし、お墓参りに行かないとご先祖様に申し訳ない、何か不幸なことが起こるのではないかという気持ちが先立ち、無理やり行っているところがありました。

    だからいつも慌ただしく、言うことを聞かない息子に苛立ったりしておりました。

     

    しかし、今年初めて一人で、ゆっくり時間をかけて、父方の墓と母方の墓と午前中をかけてお参りしたことで、お墓参りをすることで得られるものが何であるのかを感じ取ったような気が致しました。

     

    あの年末から何年たったのでしょうか。

    あの焼き鳥屋さんには足掛け7年くらい通っておりましたから、その何年目に前述のような年末のエピソードがあったのか、実際のところは分かりません。

    しかし、十年を超える歳月を経てふと感じ取った大いなる感慨は、その歳月をかけて得るべき私自身の変化であるように感じています。

    歳をとるって素晴らしい?

     

    以上。

    藤島住宅 岩原 賢太郎


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2019-02-01

  • 2019年~気になる3つのこと

    2019-01-22

    こんばんは。藤島住宅の船渡川です。

    今日は、私がブログを更新します。

    ※私の自己紹介ページは<<コチラ>>から。


    2019年になりました。

    今年、私が興味を持っていることは3つあります。


    一つ目が、「元号」です。


    今年が「平成」最後の年となるわけですが、新しい元号がまだ発表されてませんね。

    どんな元号になるのか、やはり気になりますよね。

    日本の社会は、和暦で整理することが多いので元号は大事になります。

    昭和(S)、平成(H)と略すこともありますから、アルファベットの略もどうなるのか・・・。

    生活に直結するわけではない元号ですが、なぜか気になってしまいますw


    二つ目が、「消費税の増税」です。


    仕事面で言えば、元号も気になりますがそれ以上に「消費税増税」に関することが、やはり注目点です。

    増税そのものが与える影響もありますが、そこに付随する特例や制度も出てくるようですから、そちらも要注目です。

    すでに「総務省」のホームページで公開されてる内容もありますし、正式にどのような内容になるのか、今から注目しています。

    願わくば、システムを複雑にし過ぎて、利用しにくいものにはならないで欲しいです・・・(^▽^;)


    「増税前に購入を!」と言うつもりはありませんが、増税の影響を受ける費用は確かに存在します。

    例えば、「仲介手数料」がそうですね。

    「物件価格×3%+6万+税」が一般的な計算式になりますので、“+税”の部分が単純に増加します。


    仮に、「4000万円の物件」を購入した場合で、消費税を8%と10%で試算すると・・・

    ・8%の場合:4000万×3%+6万+100,800円(税)=1,360,800円

    ・10%の場合:4000万×3%+6万+126,000円(税)=1,386,000円

    ●差額:25,200円


    この差額を、「大きい」と見るか、「それほどでもない」と見るか、が判断の分かれ目になるのではないでしょうか。


    ちなみに、藤島住宅の売主物件(オリジナル物件)は、仲介手数料不要ですので、この点は無関係となります。

    ですので、「ここまでの流れはなんだったんだ!」と言われてしまうと・・・何も言えません(^-^;

    住まい探しのご参考までに、というご紹介ということでお願いしますw


    そして三つ目が、「今年の藤島住宅売主物件の予定」です。


    現在は、昨年12月15日より販売開始をしました【グランド・ファミリア大宮(第1期堀の内町)】がメイン物件となっています。

     

     

    販売開始から約1ヶ月で、全25棟のうち14棟でお申込み・ご成約をいただくほどの盛況ぶりです!

    これほどの好評っぷりは、なかなか目にしないですね・・・大宮エリアの人気に驚くばかりです。


    当物件の情報につきましては、特設ページを作成し公開しておりますので、ぜひそちらをご参照ください。

    ※下に特設ページへのリンクを貼っておきますので、ご活用ください。


    <<グランド・ファミリア大宮(第1期堀の内町)特設ページ>>


    さらに、現在商品化に向けて動いている物件もございます。

    情報公開はまだ先になってしまいますが、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。

    ※お問い合わせフォームへのリンクも貼っておきますね。


    <<お問い合わせフォーム>>


    2019年も、藤島住宅をよろしくお願いいたします。


    藤島住宅 船渡川 恭央


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2019-01-22