住む地域を選ぶ時に欠かせないポイントとは? | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会
藤島住宅へようこそ

お役立ち情報


<<一覧に戻る

住む地域を選ぶ時に欠かせないポイントとは?

住む地域を選ぶ時に欠かせないポイントとは?

 

マイホームを建てるときにどんな見た目の家にするか、どんな設備にするか、大切な要素はたくさんあります。その中でも特に重要なのが、住むエリアを選ぶこと。住むエリアによって、治安や通勤時間などは大きく変わるため、同じような住宅でも住むエリアによって暮らしも大きく変わります。

今回は「いい土地や分譲住宅を見つけたけど、この地域に決めていいのか?」もしくは、「土地や分譲住宅をどのエリアに絞って探そうか?」というとき、ポイントとなる住む地域を見極めるポイントについてまとめました。

 

・住む地域を選ぶ時のポイント

 ○施設へのアクセス

まず、大切なのはアクセスの問題です。

職場へ通勤するための最寄り駅、実家に行く時に使う車の経路など、ライフスタイルに欠かせない場所とのアクセスがあまりに不便だと、結果的に時間とお金を余計に消費してしまうことにになります。

 

また、生活していく上で必要なスーパーマーケットや病院、役所などに近いかどうかも重要なポイントになります。ファミリー世帯の場合、小児科や皮膚科、耳鼻科、休日外来などの、お世話になりそうな医療施設が近くにあるかどうかも大切なポイントでしょう。

 

コンビニや飲食店などは、近いと便利ではあるのですが、近すぎると夜中に客の話し声が気になったりすることもあるため、適度な距離があるといいですね。

 

○子育てに必要な施設へのアクセス

小中学校への距離はどれくらいあるのかは、前もって調べておくことが大切です。

距離や所要時間だけではなく、通学路に車の交通量が多い道はないか、歩道がちゃんとあるか、昼間でも人通りの少ない道はないかなど、子どもにとって安全な地域かを前もって確認しておきましょう。

 

また、公園は子どもたちがよく遊ぶ場所になります。

最寄りの公園はどこか、どんな公園か、公園までの道のりに危険はないかなど見ておくといいでしょう。他にも図書館や児童館などは、子どもが小さいうちは親子でよく通う場所です。これらは近くにある方が利用しやすいですね。

 

 ○治安が良い地域

やはり、住む地域の治安は大切です。

治安がいいかどうかを確かめるには、そのエリアを歩いてみるのが一番です。

例えば、壁の落書きや投棄ゴミが放置してあるエリアは犯罪も起こりやすいと言われています。水路などが近くにある場合は、そこがきれいに掃除されているか、臭いなどはしないかもよく見ましょう。

 

昼間に歩いてよく見ることも大切ですが、夜にも歩いてみることもおすすめします。

昼間には見えなかったものも見えてくるはずです。繁華街に近く、夜遅くまで開いているお店が多くて賑やかすぎる、という場所はファミリー世帯には向きません。ですが、夜になるとほとんど人通りがなく、駅からの道に街灯も少なくて真っ暗というもの心配です。

 

そのエリアの警察のホームページを見ると、地域別に犯罪件数や事故件数が確認できますので、そちらを参考にしてみるのもいいですね。

 

まとめ

住むエリアを絞るときには、外せない色々な項目があり、なかなか選べないということも多々あります。

そんなときは「○○に近い方がいい」「○○が近くにあるところは避けたい」など、優先順位を書き出してみるといいでしょう。一番譲れないものを基準にして、その後どこが理想に近いのか、絞りこんでいきましょう。

住む地域の立地条件は、あとから変えるということができないので、しっかりと後悔のないように決めるようにしてみてくださいね。