一戸建てとマンションってどっちがいいの? | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会
藤島住宅へようこそ

お役立ち情報


<<一覧に戻る

一戸建てとマンションってどっちがいいの?

住宅には大きく分けて、一戸建てとマンションなどの集合住宅の2種類があります。

どちらの方ががいいのか、はその人の暮らし方や将来設計によって変わるため、どのように暮らしたいかを考え選ぶ必要があります。

ここではそれぞれのメリットとデメリットを確認し、選ぶ際のポイントを抑えていきましょう。

 

■一戸建てのメリット・デメリット

・一戸建てのメリット

金銭面でいえば、一戸建ての場合は、築年数が経って建物の価値が下がっても、土地の価値は残り、資産価値があるというメリットが挙げられます。

 

マンションにはつきものの管理費や修繕積立金、駐車場代などがかからないのもメリットです。

しかし、住宅の修繕にかかる費用は自分で計画を立てて貯蓄し、管理していく必要がありますし、資産価値があるということは固定資産税なども高くなると言えます。

 

また、子どもがいる家庭では、隣や上下に暮らす人に騒音面などで気をつかわなくてもいいのも大きなメリットでしょう。

戸建ての場合、玄関のすぐ前に駐車スペースをつくる家がほとんどですので、車と玄関の距離が近いのは子育て世代には大きなメリットです。ドライブ中に子どもが寝てしまったとき、オムツや水などたくさん買い物をしたときなどは、車から降りてすぐに玄関があると非常に楽になります。

 

・一戸建てのデメリット

子育てをする上で戸建てのメリットは大きいですが、高齢になると2階建て、3階建ての戸建ての場合、移動がネックになります。

平屋なら問題にはならないものの、都市部で平屋はなかなか難しいのため、階段のある家がデメリットになる場合もあります。

また、駐車スペースや家庭菜園なども行えるため、便利な庭ですが、害虫や害獣、風によって運ばれてくるゴミがたまるような問題もあります。掃除や手入れが必要なことをデメリットと感じる人もいるでしょう。

 

■マンションのメリット・デメリット

・マンションのメリット

金銭面のメリットでは、同じ立地や広さで比べると、戸建てよりも安い場合が多いこと、そして自分で計画的に貯蓄をしなくても修繕計画などを管理会社に任せられることが挙げられます。

さらに、子育てをする際には子どもの留守番や登下校を考えると、マンションのセキュリティや集合住宅であるメリットは大きいでしょう。新築マンションで一斉入居すると、子どもの年齢層も近い家庭が多くなりますし、コミュニティを大事にしたい人には大きなメリットです。

 

・マンションのデメリット

マンションは土地と物件を分離して売却することができないため、築年数が古くなると、よほどの人気エリア、人気物件でないと将来の資産価値が低くなってしまうことです。

 

また、近年のマンションは防音性が高いものが多いですが、声や生活音など騒音に気を使わなければいけないのはマンションのデメリットといえます。

管理費の積立の負担が必要になると同時に、管理組合などへの参加の義務が生じることもあるため、煩わしいと感じてしまうこともあります。

 

■まとめ

住宅に求めるものは人それぞれなので、メリットと感じるところ、デメリットと感じるところも人それぞれです。資産価値があり、自由度の高い戸建てか、セキュリティに優れ、集合住宅としてのコミュニティがあるマンションか、自分にとっての優先順位を考えて選んでいきたいですね。