住宅を購入する時の諸費用とは? | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会
藤島住宅へようこそ

お役立ち情報


<<一覧に戻る

住宅を購入する時の諸費用とは?

住宅を購入する時の諸費用とは?

 

住宅を購入するには多額の資金が必要ですが、その内訳の1つに諸費用が挙げられます。

諸費用と一言で言っても、実際にはどのようなものなのか知っている方は少ないかもしれません。資金計画をきちんと立てる意味でも、諸費用の内容についておさえておきましょう。

 

税金や手数料などで構成される諸費用は物件価格の1割を目安に

住まいを購入する際に必須となる諸費用は、税金、手数料、住宅ローン関係などで構成されています。

何千万円もする物件価格と比べれば一つひとつは小さいものの、それらがまとまると大きな額になるので注意が必要です。

実際の諸費用の目安としては、物件価格の5%から10%くらいと言われます。

気をつけたいのは中古物件を購入する場合で、新築物件よりも手数料がかかるぶん、諸費用が占める割合は高くなりがちです。

 

税金…契約時から入居後まで支払う税金は多い

諸費用のなかで一番大きな額となるのが税金です。

そのほとんどは契約から入居までに払いますが、なかには住まいを建て、入居してから払うものもあります。

 

・印紙税

業者とのさまざまな契約で交わす契約書に必要な税金。

・登録免許税

所有権の移転登記などに必要な税金。

・不動産取得税

土地や建物などの不動産を取得する際の税金。入居後に支払います。

・固定資産税、都市計画税

不動産を所有すると必要になる税金。これらは入居後に毎年支払います。

 

手数料と報酬…不動産取引にかかわるさまざまな業者に支払う

土地の売買や工事の着工、法に則った権利の登記など、住まいを入手するための手続きを進めるには、さまざまな専門家の力を借りないといけません。そのような専門家や業者へ支払うための手数料や報酬も、この諸費用のなかに含めます。

・各種契約や決済時

不動産業者などと契約を交わす際に手数料を支払います。

・権利の登記

登記手続きを行う司法書士への報酬を支払います。

・表示登記

土地家屋調査士への報酬を支払います。

 

住宅ローン関係…手数料のほか保険関係の支払いが多い

住宅ローンを組む場合、ローンの返済だけでなく契約までの手数料なども考える必要があります。

また、生命保険も同時に加入する場合は、その保険料も負担となるでしょう。

・融資の手数料

融資を受ける際にかかる手数料。金額は金融機関ごとに異なります。

・保険料

生命保険や火災保険など、補償を手厚くするほど保険料は高くなります。

・保証料

住宅ローンで保証会社による保証が必要な場合に支払うものです。

 

ほかにも、引っ越し代や新調する家具や家電の費用など、住まいを購入する際の諸費用は多岐にわたります。

具体的な金額は個々人によって異なりますが、ある程度余裕のある資金計画を立てておけば、支払い時に慌てずに済みます。

 

まとめ

住宅を購入する際は、建物の価格など大きな金額にばかり目が行きがちですが、諸費用も侮ってはいけません。

むしろ、諸費用のような細かな出費をきちんと計算し、予算を正確に立ててこそ入居後の生活も安心できるというものです。

資金計画をたてる際には、忘れずに盛り込むようにしましょう。