一戸建てを購入する際の自己資金の必要性とは? | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会
藤島住宅へようこそ

お役立ち情報


<<一覧に戻る

一戸建てを購入する際の自己資金の必要性とは?

一戸建てを購入する際の自己資金の必要性とは?

 

一戸建てを購入するには多額の資金が必要になります。

あまりに多額なので、たいていの方は住まいを購入する際は住宅ローンの借入を前提とします。

となると、手持ちのお金はなくてもいいのでしょうか? 

いいえ、そんなことはありません。ここでは、自己資金がなぜ必要か、どのくらいあればいいのかについてお話します。

 

さまざまな諸費用の支払いに現金が必要になる

今の時代に一戸建てを買う場合、建物の価格に諸費用などもあわせると、総額で数千万円はかかるでしょう。

そのすべてを手持ちの貯金を元とする自己資金で賄うというのは、誰にとっても難しいものです。住宅ローンの利用は大前提であり、むしろ資金の大半をローンに頼るケースがほとんどです。

とは言え、自己資金が不要かと言えば、そうではないのです。

まず、住宅ローンは住まいを買うと決めたとしても、すぐに融資してもらえるものではありません。また、住宅を購入するにはさまざまな業者と契約を交わすほか、専門の仕事を依頼することがあり、その都度、手数料や報酬という諸経費を現金で払うことになります。

 

 

もっとも、自己資金がない場合でも住まいを購入できることはあります。

金融機関によっては諸費用ローンという住宅ローン以外の住まいに関するローンを設定し、自己資金が足りない人を助けてくれることがあるのです。とは言え、あくまでローンですから、あとで返済することも考えないといけません。

 

頭金と諸費用の経費をあわせ全体の30%を目安に

では、自己資金とはどのくらいあるといいのでしょうか。

多いほど余裕ができるとは言え、貯金に時間をかけて気に入った住まいを買い逃すというのも本末転倒になってしまいます。

理想的には、自己資金の目安は25%から30%がいいとされます。内訳としては、手数料や税金などの諸費用が全体の10%ほど、住宅ローンの頭金をローンの20%ほどで、総額として30%くらいになるということです。

これは、ローンの返済の軽減になりますし、住宅ローンの審査において有利に働く場合があります。

 

もちろん、実際には人それぞれの事情で貯金額が異なりますし、もちろんもっと多く貯めてもかまいません。逆に、少なくても諸費用ローンを用いて早めに住まいを買うという手もあります。

自己資金が30%ほどあるとよいのは事実ですが、現在の収入や今後の返済計画なども踏まえ、冷静に判断していきましょう。

 

まとめ

住まいを買うとなれば、十分な自己資金があるほうが安心です。

住まいを買う際はローンだけで賄うことはできず、ある程度の現金が必須ですから、必要なお金とその使い道はしっかりと把握しましょう。

自己資金を確保すると同時に、きちんと予算や返済計画を立てることも重要です。