木曜大工 | さいたま市・川口市の不動産のことなら藤島住宅

藤島友の会
藤島住宅へようこそ

ブログ

  • 木曜大工

    2018-02-05

    我が家の洗濯機

     

    の上に取り付けた棚

     

    の支えの部分・・

     

    真ん中と左端、

     

    なんで右端はないの?

     

     

    妻がホームセンターで

    棚板一枚と

    支えを2ケ

    買ってきたけど、

    木造住宅の多くは

    ビスが効く位置が決まっている。

    そんなこと知らない妻は、

    好みの棚板に、頑張って自分でL型の支え金物を、

    写真のようなアンバランスな位置ではなく、

    きちんと等間隔の位置に取り付け、私に差出した。

    「あとはお願い。」

     

    写真の棚板の右端の位置に

    壁内の下地は入ってない。

    もう少し棚板が長ければ、

    壁内の柱の位置まで届くのに・・

    下地用の板を壁に打ちつけるしか方法はないのかな・・

     

    私は走った。

    我が家からほど近い、

    藤島住宅の分譲地「ナテュールヴィーレ東川口」へ向かって

     

    「大工さん、助けて~」

    F街区16号棟へ駆け込む。

     

    気の良い大工さん

    すぐに仕事の手を止め

    私が持参した棚板を見やり、

    「ちょっと待ってな」

    と優しい感じで言い残し、

    二階へ上がって道具を取りに行ってくれた。

     

    私の家は藤島住宅の分譲だ。

    担当の大工さんは別の方だったが、

    そこは藤島の専属大工!

    何も見なくても構造が分かる!

     

    「間違いなく、この位置に下地があるから!」

    「真ん中の支えだけでも十分効くから!」と

    私が持ってきた棚に、

    後で私が簡単に取り付けできるようにと、

    L型の支えが丁度、下地の部分に重なるように、施工してくれた。

    私は、力強い大工さんの言葉に、安心と喜び、そしてプロの職人のカッコよさを感じた。

     

    家に帰るとすぐに、大工さんに言われた通りの壁位置に棚をあてがい、

    電動ドリルでビスを打ち込んだ。

    支えの位置と色が少し気になったけど、

    シンプルで素敵な棚が、良い位置に配置され、気持ちよかった。

     

    マイホームの楽しさを、あらためて感じた出来事であった。

     

    以上。

     

    藤島住宅 岩原 賢太郎


    テーマ名 その他

    ページ作成日 2018-02-05